RIO 採用サイト
RIO 採用サイト
「ずっといるつもりはありません。リオは修行の場です」。
そう言い切った私の入社を、2年も待ってくれたリオ。
次は、他でも活躍できるほどまでに成長することが恩返しです。
稲葉 滉星/2019年入社 株式会社リオ・ホールディングス
経営企画部事業支援課 兼 株式会社リオ&
パコホテルズ札幌本社(当時)
神戸大学・神戸大学大学院工学研究科 卒
「ずっといるつもりはありません。リオは修行の場です」。
そう言い切った私の入社を、2年も待ってくれたリオ。
次は、他でも活躍できるほどまでに成長することが
恩返しです。
稲葉 滉星/2019年入社 株式会社リオ・ホールディングス
経営企画部事業支援課 兼 株式会社リオ&パコホテルズ札幌本社(当時)
神戸大学・神戸大学大学院工学研究科 卒
1年目からホテル運営。
1秒でも早く成長したい
私に、絶好の「修行」。

内定

リオに内定が決まっていた2016年の春。
熊本地震が発生しました。
大学院に進み、被災地支援のためのフィールドワークがしたい。
でも、そうするにはリオの内定を蹴らなければならない。

社長に打ち明けました。
「わかった。内定はそのままにしておくから、
大学院に行けばいい」。それが答え。
とはいえ、まさか本当に、
その約束が有効なままだとは思っていませんでした。

だからこそ、
2年後に連絡があった時にはどんなに驚いたか。
「そろそろ入社できそうか?」と。

視点

いま自分は、4棟のホテル運営を手がけています。
たとえば2019年3月にリニューアルオープンしたばかりの「フィオーレ志摩」。
どんなプランを設定するか。
どんな価格で、どう販売するか。

新しいからこそ未整備な部分を埋めるように、
知恵を絞っています。
また、改装を予定している
「ホテル ロイヤル 郡山」では、
社内の建築部門とともに設計を詰めているところ。

大学で建築を学んだ私ですが、
運営を経験したことで、
お客様の視点を強く意識するようになりました。
使う側の立場から図面を眺めた時、
初めて浮かぶ問題点がある。
それを見抜く目を持てたことがうれしい。

学ぶことの多いホテル運営ですが、
早く卒業したいと思っています。
いや、リオそのものを、できれば数年のうちに。
私が将来やりたいのは「街づくり」。

リオはそのための修行の場だと、
社長にも伝えてあります。
たとえば、地元のニュータウン。
便利だけど個性はない。
人口が減少する50年後に、
わざわざその街を選んで住む人がいるだろうか。

はっきりと差別化された、
選ぶ理由がある街を
私はつくりたいと思います。

異動

次に異動するとしたら、
資産家に接する部署はどうだろう、と考えています。
資産家の方々と接することで
「どんな条件なら投資したくなるのか」をリアルに学べる。

そこにはきっと
「投資したくなる街づくり」のヒントがある。
海外にはBID制度という街づくりがあります。
不動産の所有者や事業者が資金を負担し、
公園などの公共空間や、
地方都市を活性化するもの。

もしかしたら、それに近しい街づくりを実現する
糸口が見つかるかもしれない。
リオの仕事には、
そんなイメージを膨らませてくれる力があります。

NEXT STAGE できるだけ早く街づくりの力を手に入れたい私にとって、
「新人でも任される」しかも
「任される内容が濃い」リオは、
またとない修行の環境。
社長からはこんな言葉をかけられました。
「3年くらいで辞められるくらい成長しろよ」と。
RIO 採用サイト