RIO 採用サイト
RIO 採用サイト

世界のどこでも通用する。
本質的な力を磨く環境は、
国籍を問わない。

多くの外国人が活躍するリオ。
そこでは、世界標準ともいえる実力主義と、
最大限の成長を引き出す
手厚い育成環境が両立されています。
3人の外国人社員の対談を通じて、
リオのリアルな魅力を感じてください。
柳:
私は大学3年生の時に、交換留学で来日しました。1年間の留学だったんですが、それがとても短く感じたんですね。もう少し日本で暮らしてみたい、学んでみたいという想いがあった。そこで、大学院に進んでから再来日。自然な流れでそのまま就職しました。
林:
私の場合、一度ほかの会社に入りました。ただ、その会社は学ぶ環境が整っていなくて、すべて自分で調べて身につけなければなりませんでした。その分、成長スピードが遅くなってしまうのではないかと感じていました。リオなら内線電話1本で、いろんなジャンルの専門家と会話ができて、知識とスキルを高めることができる。そこがとても魅力的でした。また、日本の街並みが好きだというのはありましたね。
柳:
私も転職組です。前の会社はちょっと堅い雰囲気で、年功序列がはっきりしていました。年齢や社歴を重ねないと、なかなかやりたいことができない。リオはそこが大きく違います。やりがいのある仕事をどんどん任せてくれる。だからこそ、私もどんどん前に進もうという気持ちになります。自由だし、信用されているという感覚が強い。ずっと働きたいと思える社風ですね。
コイ:
協力関係がしっかりしている一方で、仕事の進め方は年次に関係なく個人に任されていますね。上司も、困ったことがあればもちろん助けてくれますが、基本的にはあまり口出しをしません。
張:
私は新卒でリオに入社したのでほかの会社と比較はできませんが、入社したばかりなのにここまで任されるのか?という感覚はありました。手がける範囲が広いだけに、やりがいも責任感も大きい。
林:
確かに、いろんなことができるのは面白いですね。不動産分野でいえば、たとえば仲介なら仲介しかできないという会社のほうが多いと思うんですが、リオは管理、建築や鑑定もやる。ホテル業も手がけている。それだけ成長や活躍のチャンスが多いんだと思います。
柳:
一方で、ただ自由だったり仲がよかったりするだけではなく、それぞれの能力に基づいて公平に競争することができる。そのあたりは、完全に実力社会である中国と似ているのかもしれません。
林:
リオにはきちんと育成するという風土がある。そこが中国の企業とは違います。リオで最大限に成長したら、それを踏み台にして次のステップに飛び立ってもかまわないという考え方。台湾でアルバイトをしたことがあるんですが、誰も何も教えてくれないんです。みんな自分のことだけに集中していて、教育なんてジャマだという雰囲気。それに比べると、リオの環境はとても恵まれていると思いますね。
柳 九九
柳 九九

湖北省出身(中国)
電子科技大学(中国)卒 
宇都宮大学 卒
前職:メーカー

商業企画事業部(当時) 
2016年入社

中国出身。大学3年生の時に交換留学で来日。1年の留学期間では物足りなく思い、大学院で再来日。 日本で就職したのち、自由な成長環境に惹かれてリオに転職。

コイ カ ミン
コイ カ ミン

クアラルンプール出身
(マレーシア)
MONASH UNIVERSITY
(AUSTRALIA)卒
前職:コンピューター関連サービス業

商業企画事業部(当時) 
2017年入社

マレーシア出身。中国語を学んだのち、共通点の多い日本語へ転向し、語学力をつけるため来日。リオには転職で入社。

林:
私は来週、数十億円規模の不動産決済を控えています。入社1年目で、中心になって案件を動かしているんです。手を挙げればそこまで任されるということには驚きました。おかげで、将来につながるとてもいい経験ができていると感じます。
柳:
私はリオが運営するホテル12施設(当時)を、いかに海外旅行客にアピールするかに取り組んでいます。自分が策を打つことで、いままではリオを選ばなかったお客様を振り向かせていく。100の力を注げば、100の数字としてダイレクトに跳ね返ってくるのがとても楽しいですね。「このホテルを選んでほんとうによかった」。そんな中国語の口コミがさまざまな人から寄せられているのを見ると、心からやりがいを感じますし、癒されます。
張:
私もまだ入社1年目ですが、クライアント側の役職者と一人で向き合う機会に恵まれています。そこで磨かれた交渉スキルは、国が変わっても通用するコアな能力だと思うんですね。その力を武器に、いずれは中国や、たとえばイギリスなどの海外で仕事をしてみたい。
コイ:
母国のマレーシアでは、いま日本企業の支社がどんどん増えています。いつかはマレーシアに戻って、日本企業とマレーシア支社の橋渡し役ができるといいなと考えているんです。言語はもちろんですが、日本の企業文化を熟知しているからこそ、貢献できるシーンもあるのかなと思いますね。
林:
将来どんなことをするか、私はまだ具体的には決められていませんが、自分がやりたいことをやりたい時にちゃんとできる、自分の人生を自分で選択できるだけの能力は身につけておきたい。リオならそれが叶うはずです。ほんとうに幅広く挑戦できるというのがリオの最大の強みで、そのすべてを100%こなせるようになったなら、世界のどこに行ってもきっと負けませんから。
林 郁捷
林 郁捷

台北出身(台湾)
輔仁大学(台湾)卒 
東京大学 院卒
前職:不動産投資業

海外事業部(当時) 
2017年入社

台湾出身。大学で日本語を学び、来日。日本の整った街並みにも魅力を感じていた。
社内の通称は、英語名の「シャーロン」。

張:
リオに入るべき人を一言でまとめてしまうと、やはり「成長意欲の高い人」だと思います。リオは、鍛えるための場。それなりの仕事をして、それなりにお金をもらう場ではありません。努力を重ねなければ成果は上がらないし、評価もされない。やりたいことを任される環境はありますが、それにふさわしい成長を必ず遂げようとする意志がなければ。
コイ:
ものすごく忙しいですからね。優先順位を見極めて進めなければ行き詰まってしまう。だからこそ、計画力も身につくのかなと思います。
林:
こういう意見が集まるとものすごく厳しい会社に見えますけど、私は基本的に仕事を楽しんでいますよ。がむしゃらに走り回っているわけではなく、ちゃんと目的があって、そこに近づいていっている手応えがありますから。全力疾走だけに電池が切れそうになることもありますけど、普通の仕事の2倍、3倍のスピードで成長できる。リオはそういう会社だと思います。
張 鈺
張 鈺

浙江省出身(中国)
杭州師範大学(中国)卒 
首都大学東京 院卒

海外事業部(当時) 
2017年入社

大学入学前から日本語を学びはじめ、3年生で交換留学。
日本のアイドルグループに入れ込んだこともあり、日本に住み、就職することを決意。

※掲載内容は取材当時
RIO 採用サイト