BUSINESS CONTENT

世代を超えて、あなたの資産を守りぬく。

資産の大きさ。それは、リスクの大きさでもある。

約1600兆円。国内の個人が保有する、金融資産の総額です。上場企業の剰余金が約300兆円であることを考えれば、その規模の大きさがよくわかります。一方で、資産を守りつづけることが、こんなにむずかしい時代もありません。きびしい税制。先行きの見えにくい経済情勢。資産を動かすことにも、何もしないことにも、同じくらいのリスクがともなう。資産を多く持つ人ほど、悩みを抱えて孤立している。それが、いまの日本です。

わたしたちは、資産の守り手です。

管理や運用のコンサルティングを行い、具体策を実行し、資産家を救う。わたしたちの存在意義です。資産が動けば、そのまわりで人が動き、街が動き、社会が動く。影響力の大きなこのスパイラルを、ずっと先まで見すえて描いていく。資産は、資産家の人生とも固く結びついています。やがては、次世代へと受け継がれていきます。わたしたち自身が、この先も成長しつづけること。それは、資産家と社会に対する、ぜったいに裏切ることのできない約束でもあります。

One stopであること。わたしたちが、わたしたちであるということ。

資産の問題は、いくつもの分野を横断しています。弁護士や税理士といった、さまざまな専門家の手助けが必要です。これまで資産家は、バラバラに存在する専門家の間を走り回り、最終的には自分で決断しなければなりませんでした。わたしたちが、それを変えました。あらゆる専門家を、ひとつのグループへ。同じ窓口を通じて、すべてを解決できるように。前例にならうのではなく、資産家にいちばん寄り添えるシステムを考えぬくことで、ほかのどこにもない強さが生まれた。そのことを、わたしたちは誇りに思っています。