MEMBER 01

「すべてのビジネスに通用する、駆け引きというスキル。」

社名ではなく、自分の名前で勝負する。
若手でも一人で交渉の場に立てるリオだからこそ、
その力が鍛えられます。

本田 郁恵/入社3年目(2014年入社)

株式会社リオ・コンサルティング 第1資産運用事業部 主任
京都大学 農学部 食料・環境経済学科 卒
京都大学大学院 農学研究科 生物資源経済学専攻 卒

「成長してから任されるのではなく、任されることで成長していく。」

私の仕事はクライアントが所有する
物件のプロパティマネジメント。
日常的なメンテナンスからテナントの誘致や交渉まで、
オーナーに代わってさまざまな管理業務を手がけています。
担当する物件は、種類もエリアもいろいろ。
銀座のオフィスビルもあれば、郊外に建つマンションもある。
中には、リオが手がける中で最大級の物件も含まれています。
今までなら課長クラスが任されていたほどの規模。
それを今、入社3年目の私が任されています。

不動産は、オーナーや投資家、金融機関など、
いろんな立場の人が複雑に関わり合う業界です。
物件の規模が大きくなるほど、関係者も増える。
そこに売買のような動きが伴えばなおさらです。
オーナーが変わることで過去の契約内容がチェックされ、
厳しい要求が加わることもある。時には衝突もする。
それをひとつひとつ、交渉によって解決していく。
交渉相手は、年齢も経験も交渉の技術も、
私よりはるかに上の人ばかり。歯が立たなくて、
悔しい思いをすることもしょっちゅうです。
逆に考えれば、これほど私を鍛えてくれる場もありません。

交渉の相手は、社外だけとは限りません。
たとえば、老朽化したビルの大規模改修工事。
コストやリソースを投入してまでも
着手しなければならない必要性を社内でどう納得してもらうか。
きちんと説得材料を集めるのはもちろん、
若手だからといって遠慮することなく主張します。
リオは年次で人を判断することがないかわりに、
甘やかすこともしません。だから本気でぶつかっていけます。
社外と社内。ふたつの交渉の場で、駆け引きという
すべてのビジネスに通用するスキルを磨く。
今の私にとって、とても大切なトレーニングです。

担当物件:銀座一丁目ビル

担当物件:銀座一丁目ビル

改修物件:横浜イーストゲートビル

改修物件:横浜イーストゲートビル
  • Member 02
  • Member 03
  • Member 04